永遠に生きるかのように学べ

ほぼ読書、ちょっと音楽、このごろキャンプ。

良いビジネス書に出会うための方法

 

良い本に出会うのは、ほんと難しい。
沢山買って、沢山読んで。
そうするうちに、一定の確率ですごい良い本に出会うようになる。
沢山読むことが目を養うことになるので、基本、近道はないんじゃないかと思う。駄作を読むことで、良い本ってどんな本か、わかっていくからだ。

だけど、ある程度量を読むようになって、一定割合でいい本を見つけられるようになった後に、そのヒット率をあげて行くことは可能だと思う。

そのヒット率を上げる自分なりのノウハウを、ちょっと紹介してみます。

良い書評ブログを複数見つける

書評専門のブログじゃない方がいい。
普段の記事を読んでみて
「この人の考えることは、なかなかだなあ」
って思えるブログを複数見つけておく。

ツイッターでそう思える人をフォローしておくのも良い。

そういう人が、読んで良かったと言っている本をまず選ぶ。
ただ、初めて見かけた時に手を出すのはまだ早い。

本当にいい本は、いろんな人が薦めるもの。

デジャヴュじゃないが、
「あれ、あの人も良いって言ってたよね、この本」っていうことが何回か続いたら、それを買ってみる。
僕の場合、三回くらいこういうことがあると買ってみる。

すると、やっぱりかなりいい本である率が高い。

少し古い本を選ぶ

前述の方法で選んだ本で、少し古い本だとなお良い。新刊本は誰だって読むし、誰だって話題にする。時がたってなお、薦めたい本というのは、相当な良書だ。薦める人の記憶にずっと残ってるという意味でも、他の本では得られないものが詰まっている、ということは想像に難くない。

amazonの中古価格を見る

前述の方法で選ばれし本を「古い本だから」と思ってAmazonで中古本で探してみるのだけれど、他の古本と比べて、これが驚くほど高い。
皆が手放さない、という意味で、良書である裏付けではないかと個人的には思っている。

この本なんて、すごく前の本なのに仕方なく新品で買っちゃいましたもんね。

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか

新聞の広告は見ない

蛇足ですが、新聞の新刊広告は参考にしないほうがいい。一時期、新聞で新刊チェックして買ってたのですが、ダメでしたね。いい本に出会う確率は、ランダムより悪い。やめときましょう。
考えてみたら、良い本じゃなくて売りたい本が出てる欄なのだから、当然だったね。


というわけで、普通に買うとヒット率は1割にも満たないけど、上記のような方法で出会う本は8割がた良書です。
みなさま、良い読書を。

ちなみに僕は今こんな本読んでます。
比較的新しいですがなかなか良さそう。

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉