永遠に生きるかのように学べ

ほぼ読書、ちょっと音楽、このごろキャンプ。

白票なんて自己満足なんだよ!!バカじゃねーの?と思ってたけどそれでも甘かった。

 

今、出口治明さんの「人生を面白くする 本物の教養」という本を読んでます。
普段は読み終わってからしか書評を書かないんですが、選挙について「これは!!」と思うフレーズがあったのでとりいそぎ、ご紹介します。
参院選が近づいてるからね。読み終わるより早く共有しないと。

「もし、あなたが有力候補を支持するのであれば、三つの方法があります。すなわち、有力候補の名前を書いて投票するか、白紙で投票するか、棄権するかのどれかです。逆に有力候補を支持しないのであれば、あなたには一つの方法しかありません。すなわち投票に行って別の候補者の名前を書くしかないのです」

北欧では、選挙について、子供にこのように教えている、という話の中で出てくるフレーズです。
はっとしましたね。

「入れるべき人がなかったら白票を投じよう」という主張に対して、もともと私は下記のように、白票なんて自己満足に過ぎないと思っていたのですが、

そんな甘っちょろいもんじゃなかった。
有利な人をさらに有利にする行動だったんですよ!!
そりゃそうだ。選挙ってそういう仕組みなんだもの。

どうですか、ドヤ顔で白票を投票する皆さん。

どんなに難しい選択でも、一生懸命考えて投票しときましょうね。
ま、苦しい選択肢の中からひとつ選ぶより、白票入れる方が頭使わなくて楽だけどねー。