永遠に生きるかのように学べ

ほぼ読書、ちょっと音楽、このごろキャンプ。

新型コロナが収まったあとの世界がどうなるのか、今朝の夢でみたので発表する

 

f:id:seazee_htn:20200429091026j:plain

外出自粛まっさかり。まもなく連休ですが、当然、予定を入れていません。

これから、どうなるんでしょうね。

 

何が?

 

「何が」すらわからない。何が変わって、何が変わらないのか。
そんなことを、ここ数日、ぼんやり考えていたら、夢を見ました。

細かい内容は、起床してすぐ忘れてしまうのでダメなんですけど、なんかイメージだけ残っていた。そのイメージとは『なんで会わなきゃいけないんだ?』ということ。

新型コロナを基とした変化だから、ついアフターコロナとかウィズコロナとか言っちゃうわけですが、違うんですよね。新型コロナウィルスがどうこうじゃない。飲み会すらオンラインでやれるようになった今、『対面で〇〇することって、どういう価値があるの?』という話なのです。それがすべてのことについて、問われてしまう。
例えば・・・ 

●対面教育とは何か
 単に先生が喋ることを聞き、ノートとるだけなら、YouTubeでいい。
 対面で授業を受けることの価値とは?

●対面仕事とは何か
 もともと、メールや電話でやりとりしている。
 じゃ、みんな事務所に集まって対面で仕事をする意味、価値は?

●対面の打ち合わせとは何か
 同じ会議室で、顔を合わせて打ち合わせする意味は?
 オンラインで補えないものは何か?

●服とは何か
 家にいるなら部屋着で良い?それともWebカメラに映るからどうにかしたい?
 服って何のため?誰のため?

●レストランとは何か
 門外不出のレシピが公開され始めている。ならばレストランへ行く価値とは?

 

などなど。すべてのことについて、その価値が問い直されている。
その結果、現実世界が、オンラインに飲み込まれる。「どうしてもリアルじゃないとダメなもの」以外はオンラインになっていく。

 

〇〇をリアルでやる価値って、なに?

 

すごく怖い問いですね。
でも、希望がふたつだけある。

ひとつめ。
答は決まっていない。これの価値って、こういうことでしょ?と自分で考えて、提示できる人やモノが、生き残れる。しがみつくべき既存は、もう、無いも同然なのだから。

ふたつめ。
理屈じゃねーんだよ、という世界。うるさいな、俺はリアルでやりたいからやるんだよ。バーチャルより、リアルでテニスやったほうが楽しいだろうが。そりゃコート予約して、仲間とスケジュール合わせて、コートへ出向くのは面倒だけどさ。

そんなあたりに、ヒントがあるのでしょうね。
考えていかなきゃなりません。
最後に、もっとも怖い問いを。

 

あなたと、対面で会う価値って何?

 

 

補足
↓ここで書いたようなことが、さらに進むのだなあという思いが背景にあります

www.learn-4ever.net

photo credit: verchmarco Euro-Cent-Münzen fallen aus einem Glas heraus, vor weißem Hintergrund via photopin (license)