永遠に生きるかのように学べ

読書、読書、キャンプ。

最も過酷な状況を生き抜いた女性が、手に入れた結論。「The Choice」レビュー

どういう状況にあっても、自由にいられる方法は、ある。逆に言えば、どんなに自由でも、自分が束縛されているように感じることも、ありうる。それは自分次第。自己責任とは違うけど。

この本を読みました。400ページ以上ある長い本なのに、むさぼるように読んでしまった。

どんな本か

このタイトルで、半分ぐらい説明はできますが…アウシュヴィッツをはじめとした、ユダヤ人強制収容所を生きのびた女性の自伝です。ただ生きのびただけじゃなく、その後、心理学を学んで50歳で臨床心理士となる。自らに残るトラウマと向き合ったり、時に目を背けたりしながらも、人々を導く存在となる。そんな話。

自伝と名がついていますが、伝記ではないです。言い換えると、何が起きたか、を伝える本ではなく、起きたことに著者がどう向き合ったかという本です。だからかもしれません。強制収容所などで確かにひどいことが起きているけど、その描写も含め、目を背けることなくグイグイ読み進めてしまうのです。決してオブラートに包んであるわけではないのに、どこか希望の目線がある。そして、「ヒリヒリするような選択をして、結果として生き残れた」救いのある物語であるという要素も大きい。

とても驚いたのは、第二次世界大戦が終わる、つまり強制収容所での物語が終わるのが120ページ付近だ、ということです。この本のたった1/4過ぎたところで、壮絶な体験記が終わる。

それが何を意味するか。私は「壮絶な体験自体より、その後の人生で体験をどう活かすかに重きが置かれた本である」と理解しました。これはすごい。

何を得たか

これはやっぱり、要約で読むような話じゃないのでぜひ本を読んでいただきたいですが、私が本を読んで得たものを書いておきます。

いきなり話が変わりますが、椎名林檎の「ありあまる富」といいう歌をご存じですか。本を読んで、この歌を思い出したんですよね。


www.youtube.com

もしも彼らが君の何かを盗んだとして
それはくだらないものだよ
返して貰うまでもない筈
何故なら価値は生命に従って付いてる

この歌を聴いた時、「あぁ、心の中にあるものは奪えないってことだよね」と分かった気になっていましたが…本書を読むとこれ、本当の意味を痛烈に実感することができます。この感覚を実感するために読んでも良いぐらい。

自分に何かが起きた時、それをどう受け止め、どう対処するか。その知恵を両手で受け取る感じです。

過去の自分に縛られない

ポジティブな面から説明してくると、上記のようになるわけですが、当然、心の持ちようだけでいつでも悲劇を乗り越えられるわけじゃない。あるいは、乗り越えたと思っているけど、それは思い出さないようにしているだけ、とか。

本書では、様々な患者とのエピソードの中で、過去に、あるいは他者に縛られていた自分を認め、そこから自由になる様子が語られます。「どんな悲劇的なことが起きても、どう受け止めるかは自分次第」とだけ言われると、ポジティブに受け止めなきゃダメみたいに伝わると思いますが、違うんです。

とても難しいけれど、まずは自分を縛っているのは自分自身であるということを認める。そして、自分自身の何が、自分を縛っているのか見つめなおす。ポジティブでもネガティブでもなく、ただフラットに見つめなおす。それで初めて自由になる。
見つめなおしたら、それをポジティブに受け取るか、ネガティブに受け取るか。どう行動するか。その選択肢はあなたにある。過去のことでも、(どう受け取るかは)今から選びなおせる。それが本書のメッセージ。原題「The Choice」が意味するところです。

この本、おすすめ。ビル・ゲイツが激推しするのも納得です。

グローバル視点とは、地球規模で考える事じゃなかった。「13歳からの地政学」レビュー

ネットワークで繋がる人々のイラスト
グローバル視点って、仕事でよく言われますけど、結局なんなんでしょうね。

と思っていたのですが、この本を読んだら、なんとなく答えがわかりました。

どういう本か

この本、タイトル通り、中学生あるいは小学校高学年ぐらいから読めるような物語、対話仕立てになっています。ごく簡単に言えば、アンティークショップの店主が、中学生ふたりに、アメリカやロシア、ヨーロッパの歴史を教えるという内容。
しかし単なる歴史ではないのです。地球上でその国がある場所、海との関係、国内に抱える民族の種類、隣国との国境のせめぎあい、石油など天然資源、その他数多くの要素を交えながら、「この国で育ったとしたら、こんな考え方や行動をするのも一理ある。こういう歴史をたどっているのにも、それなりの根拠がある。」という話が語られます。

地政学 という言葉は聞いたことがあっても、結局それが何なのかはよくわからないですよね。実際、「地政学」とは何か、という明確な定義はないらしいし。でもこの本を読むと、なんとなくわかります。あの国が、あんな行動を取るのはなぜなのか。それを考える時に、その国がどこにあるか・周りはどんな国か・海はあるか、などなど、地域や気候を考慮した上で、見ていかなきゃいけないよね、というのが地政学らしい。

あの国のリーダーはとんでもなく悪いやつだから、とか、そんな簡単な話じゃないよってことです。

何を得たか

難しい本ではないけれど、得られるものはとても大きいです。地政学はもちろんのこと、特に私のような、社会科目が嫌いだった人にお勧めしたい。
結局、この本で得られるのは知識ではなく、「ものの見方」なんですよ。これはめちゃくちゃ大きい。その国の歴史とか、いま起きていることの背景などは、最近YouTubeでもわかりやすく解説してくれるものが多いです。でもね、「なぜ、そういうことを知ったほうが良いのか」「知らなきゃいけないか」ということまでは、教えてくれませんよね。そういう、深く長い話はやっぱり本の得意分野なわけです。

この本でもいろいろと知識は得られますが、それよりも「あぁ、こりゃ地政学をみんながもっと身に付けなきゃいけないな」と実感するんです。

それは一言で言えば、他人(他国・他民族)の立場を理解する ってことです。人類が宇宙で暮らせるようになるのはまだ先だろうし、だったら結局、みんな狭い地球で仲良くやっていくしかないわけですよ。みんなで仲良くやっていこうと思ったら、お互いを理解するしかないわけで、そのはじめの一歩が地政学というわけです。日本にも外国出身の方は増えてるし、こりゃもう少し知らなきゃなって思うでしょ。

グローバル視点とは、地球規模で考える事じゃない

それで分かったんですよね。グローバル視点とかよく言われるし、それは地球規模で物を考える事だと思ってたけど、全然違うんだなと。グローバル視点ってのは結局、「他人(他国・他民族)の立場でもものを考えられる」ってことだったんです。私の勝手な解釈ですけど。

一段高い目線で、ってことじゃない。同じ高さで良いから、他者の目線でってこと。

例えば日ごろ、混んだ電車の中で足を踏まれるとするでしょ。腹立ちますよね。特に相手が何も謝らないとかだと。だけど、そこで考えてみる。「相手にも相手なりの事情があるかもしれない」と。今日はマスクを忘れたから声を出せない、と思ってるのかもしれないし、足を怪我していて感覚が鈍感になっているのかもしれない。そう思うだけで、腹が立つのもすっと収まるわけです。こっちが絶対に正しいとは限らない、って見直す感じですかね。

地政学を学ぶと、それが世界規模で出来るようになるってことです。

他国目線で考えられると何が良いのか

他国目線・相手目線から考えて理解できるようになると、何が良いのか。
自分がされてイヤなことを、やめてもらうアプローチが分かるってことです。なぜ相手がそんなことをするのか。それに対して、「やめろよ!」って言うだけでは、ケンカにしかならない。相手には相手なりの根拠があるし。ところがその根拠を突き止めれば、交渉で解決する可能性がグッと上がる。

地政学、せまい地球で仲良くやっていくには、必須科目になるのではないでしょうか。この本、おすすめです。

Web3、NFT、DAO。それらをつなげてきちんと理解できる本。


Web3、NFT、DAO。最近よく聞きますし、関心ある方も多いと思います。
でも、あれもこれも勉強するの大変で手を付けてない。そんなあなたに朗報です。この本なら、まとめて分かるのと同時に、すべてをつなげて理解できる。これ大事。

NFTやDAOをそれぞれ勉強しても、技術(テクノロジー)の勉強にしかならない。「それがどうした?」までわからないわけです。それをどう使うかは、自分で考えなきゃならない。

さらにいうなら、やりたいことが先にあって、それを実現するためにテクノロジーがあるわけですから…やりたいことすら想像できない状態で、新しいテクノロジーなんて学んでもワケわかんないです。

 

この本は、そこをカバーしてくれる入門書です。ひとつひとつのテクノロジーが深く分かるわけじゃない。

しかし、これらの新しいテクノロジーがどういうことに使われ始めていて、それにより、どのような新しい社会ができはじめているか。ということを分かりやすく説明してくれるので、「面白そう!そんな活動、参加してみたい!」となる。つまり単なるお勉強じゃなく、一気に自分事になるわけです。そのお陰で、NFTとかDAOとか、「自分にとってどういうものか。自分はNFTやDAOをどういうものだととらえるか」という自分の意見や本質理解が得られる。Wikiに載ってるような説明じゃなくて、ね。

巷ではNFTって、「買えば必ず上がる株」みたいに思われてたり、一攫千金のチャンスがあるもの、みたいなニュースばかりです。

でもそんなのは、全く正しい理解じゃなかった。じゃ、何なのかは、本を読んでいただくとして、少なくとも世の中の仕組み自体が大きく変わることは間違いない。今までネットニュースの読みかじりで得ていた理解とは全く異なる理解が得られます。しかも、自分でDAOなどやってみたくなる。この本、おすすめです。

Free Stock photos by Vecteezy

数学が嫌いでも面白い。数学を突き詰めた人たちに見えたものの話。


カレー粉って不思議ですよね。何に入れてもカレー味になる。

それと同じで、この本も「数学」という単語が含まれているだけで難しい数学だと思われて、敬遠されるのかもしれません。それはもったいないな、と思ってこのレビューを書きます。

 

数学にまつわる本は難しいのか

私は数学が得意というわけではないですが、数学にまつわるストーリーは結構好きです。すごく面白いものが多い。

例えばアラン・チューリングという稀代の数学者を描いたこの映画とか、

フェルマーの最終定理 という超難問にまつわるストーリーとか。(3百年もの間、様々な数学者がチャレンジして解けなかった問題がついに解けるまで)

例えばフェンシングに全く詳しくない人でも、オリンピックでフェンシングの試合は楽しめますよね。あれはなぜでしょう?
そうです。細かい技を見ているわけじゃなく、選手が頑張っている姿を応援しているからです。

それと同じで、数学はあんまり分からなくても、数学と向き合って突き詰めようとする数学者の姿は、ストーリーとしてとても魅力的なのです。そして「数学する身体」という本は「なぜ数学者は数学を究めようとするのか?結局、数学者は何がしたいのか?」というところを紐解いていきます。どっちかというと、歴史ドキュメンタリーに近い感じ。

数学を突き詰めるとどうなるか

そのためにこの本は、まずは大昔の数学から始めます。昔は「=」という記号すらなかったのだから、ほぼ言葉で考えていた。AとBが等しいと言うことは…とかなんとか。そこから記号化を経て、計算のパターン化などを経て、どんどん数学は「道具化」していく。道具ってことは、体の外側へ置き換えられていく。

昔は、二桁×二桁の掛け算ですら、限られた人しかできなかったそうです。今や小学生で当然できるのは、紙に書いて(外部化して)計算できるから。しかも手順をパターン化してあるから。つまり全てを頭の中で考えなくていい、単純作業にしてあるからなのです。そうやってあらゆる計算をどんどん、外部化、パターン化していくと…

行きついたところが、コンピューターなわけです。あらゆる計算を行える機械。

あらゆる計算を行える機械が完成した今、数学者が居なくなったかというと、そんなことはない。じゃ数学者はどこへ向かっているのか。

数学者によって違うのでしょうが、岡潔という日本が誇る数学者などは、「自己探求」だったそうです。つまり、「数学」から、すべての「計算」をコンピューターに任せたとしても、まだ「何か」が残るらしい。その何かは、誰にもはっきり見えていないけど、世の中を探求するとか、自分を探求するとか、そういうところへ収束していく。数学を通して。

数学者でも何でもない私に、その「何か」が何なのか、見えるはずもありませんが…ただ、「何か」があることだけは分かる。それをわからせてくれるのが、この本です。

なんだか、伝わるような伝わらないようなレビューになってしまいました。この本、万人うけする本でもないし、私が完全に理解できているわけでもないですが、もし「数学」というタイトルだけでこの本を避けている人が居るとしたら、ぜひ読んでみていただきたい。

そんな本です。

「インターネット的」とは絆のことだった。書籍 インターネット的 いまさらレビュー

手をつないだ世界の人々のイラスト「世界はひとつ」

インターネットは、ただの道具なのだろうか?インターネットに影響され、世の中が良くなっているとしたら?

 

ずっと前から話題の、こんな本を今さら読みました。出版されて10年後に話題になる、ってことは、おそらく不変の原理みたいなものが書かれている。そう思ったので、出版後20年の今読んでも役立つだろう、と思ったからです。

どんな本か

インターネットのことはあんまり書いてありません。「インターネット的」という考え方について、書いてあるのです。インターネット と インターネット的は、全く違う。インターネットはものの名前、インターネット的は、行動の様子を表す言葉。別にインターネットを使わなくても、インターネット的にはなれる。

じゃ、インターネット的とは何だ。

この本では、「リンク、フラット、シェア」というキーワードで説明されています。ざっくり私なりに言うと、

  • リンク
    明確な利益や目的ありきではなく、なんとなく面白そうなどの理由でみんなとつながる。お金などから自由になる。
  • フラット
    今の地位など関係なく誰とでもつながる、つながることが許される。現実のポジションから自由になる。
  • シェア
    持っているものは、秘密にするより公開する。そのほうが面白いことが起きる。これも、利益などから自由になるってこと。

という感じです。2022年の今なら、皆さんネットでよく目にしている行動なので、理解できますよね。これを20年前に書いていたから凄いわけです。あの頃は、ネットでいかに稼ぐか、をみんなが考え始めていた頃。ネット通販などが普及し始めたり、ドットコムバブル前夜というところでした。

しかし、今ならもうわかり切ってることなのか?いまさら、この本は読む価値がないのか?というと、そうでもないわけです。愚かな僕らは同じことを繰り返す。今で言えば、メタバースですね。様々な企業がメタバースで稼ごうと、なんやかんや、やろうとしているわけです。ネット通販が盛り上がるころに似てるよね~。同じことを繰り返すのかな。

でも僕らには、いまやこの本がある。20年前、糸井さんしか持っていなかったモノの見方を、僕らもこの本で持っている。少し希望が持てます。

結局インターネット的とはなんなのか

具体的に言うとそーゆうことなのですが、もう少し考えを進めてみます。私なりにまとめると、インターネット的とは、行動様式。具体的には…

  • リンク
    ネットで面白そうな人はフォローするし、コメントしたり、感想を送ったりしてつながる。これはもうできてる。
  • フラット
    自分が有名人だろうが、会社役員だろうが、簡単に気軽につながる。まあこれももうできてますよね。ネットで自分の役職を振り回すヤツなんて、いないでしょ。肩書を、気を引くための看板にはするけど、肩書によって威張る人はいない。そんなのダサいから。
  • シェア
    これは…一番できていないかもしれない。このブログも、私が得た知見のシェアですが、誰かが受け取ってこそのシェアですもんね。ただの発信ではない。でも、「読まれるブログ記事」を狙って書くことなんて難しすぎる。結局、いるもの要らないもの一緒にシェアしてみるしかないのです。

って書きながら、気が付きました。結局私、ネットの中での行動について書いている。ちがうちがう。

インターネット的とは、インターネットの外でどうふるまうか。それをただ、ネット内にも投影するだけのこと。

今までリアルの世界では、目的もなく繋がろうとしたり、意味もなく知らない人とシェアしたりなんて、おかしい行動だったわけです。それがインターネット文化のおかげで、リアル世界でもそういう行動が普通になってきている。

よく使われる言葉で言えば、「絆」ってのはそれに近い。

インターネット的な考え方を以て、リアル世界で活動していく。そうする人が増えれば、リアル世界もインターネット的になっていく。それは、良い世界であるはずです。そうでしょ?みんなと気軽につながれて、みんな誰かの役に立って、みんなで分け合う。いいよね。

みんなで「インターネット的世界」を目指そうじゃありませんか。

お勧めです。この本。

photo by いらすとや