永遠に生きるかのように学べ

ほぼ読書、ちょっと音楽、このごろキャンプ。

タイヤでできたバッグSEAL、半年使ってみて良い点悪い点のまとめ

 

SEALというところのカバンを半年ほど前に買いました。
雑誌 Pen で見かけて一目惚れ。
その日のうちにウェブサイトから購入してた。

口コミ情報もあまりないみたいだし、半年使っていろいろわかってきたのでレビューしてみます。

僕が買ったのはこれ。デザイナーズビジネスバッグ。

ちょっとトートバッグぽい仕事鞄欲しいけど、クリエイターじゃないんだから…もろトートだと分かってない新人みたいだし…って人におすすめ。


どんなカバンでどう良いのか

価格の割に見た目がいい

FREITAGのタイヤ版と言いましょうか、トラックの廃タイヤをリサイクルしたカバンです。なのでデザインが結構いいわりに手頃。これ、総革だったら6万円とか軽くしちゃうでしょう。でもタイヤなので2万円台で買えるし、そのわりに仕事で使えるくらい上品な見た目。←これ重要

ボディ部分には、タイヤの名残でごく浅い溝が模様のように入っているんですが、大げさに言えば、これがクロコダイル型押しのような効果を出している。

のぺっとした黒ゴムだったら多分、僕は買ってないと思う。
と言えるくらいいい味。
上の写真だと、そのいい感じはちょっと分かりにくいですが。

水に強い

ゴムだけに水に強い。
雨の日、特に折りたたみ傘の日なんかは、カバンってどうしても雨かかっちゃいますよね。そんなのおかまいなし。自分の体だけ濡れないようにしてればいい。混んだ電車で濡れた傘持ってる人がいる時なんかは盾にしちゃってもOK。カバンが濡れる事が全くストレスじゃないってのは、思ってたよりはるかに使い心地を良くします。

汚れにくい

汚れがつきにくく、落としやすい。
泥が跳ねようが、砂がつこうが、パパッと手で払うか、せいぜい水拭きしちゃえば問題なし。革のカバンみたいにシミがどうとか、布地のカバンみたいに繊維の隙間になにか挟まっちゃうとかない。

劣化しない

(↓この段落は、3年使用後に追記しました)
ゴムというと、劣化が気になりますよね。毎日持ち歩くのだから、日光に当たりまくると、ボロボロになるんじゃない?と思う人も多い。もともと廃タイヤだしね。しかし、3年ほど使ってみましたが、硬くなったりボロボロになるということはありませんでした。「素材がゴムだから・・・」という心配は、しなくて良さそうです。


気になる点

これだけ褒めましたが、手放しで良いわけではなく、欠点もなくはないです。

最初はゴム臭がする

タイヤのあの匂いが、最初はちょっとします。
でも2週間経たないうちにほぼ消える。
これは全く問題なし。

内部がちょっと整理しにくい

内ポケットの使い勝手はやっぱりちょっと悪いです。
まあでも、トート型カバンは、なんでもぶっ込むもんですからね。
ブリーフケース型と同レベルを求めるのはナンセンスってもんでしょうね。

重い

バリスティックナイロンのカバンと比べると明らかに重い。
ま、これも慣れる話。
次が一番問題な点。そしてこのレビューを書こうと思い立ったきっかけ。

色移り

例えば帰宅して、フローリングの床にぽんと置いておく。
翌朝持ち上げると、ペリペリって剥がれるような音がする。床を見ると、黒いスジがちょっとついてる。まあこれは、床を雑巾がけすれば取れます。

問題は、シャツにも色移りする事。
肩掛けで使うと、シャツの腰のあたり、カバンが当たってるところに黒いスジがついちゃうんです。こすり付けてみたわけじゃないですが、肩にかけた日だけ、肩にかけた側だけスジがつくので、残念ながらこのカバンが原因だと考えざるを得ないです。
洗濯しても完全には落ちない。漂白剤はまだ試してませんが。
(11/7追記 漂白つけ置き洗いで落ちました)

買ったばかりの頃は手提げで使ってたのが、クールビズシーズンになって、シャツに肩がけで使うようになって判明しました。買ってから半年、全くメンテナンスしてなかったので、そのせいかもしれません。
というか、そのせいだと信じたい。

でも特にメンテナンスする方法もなさそうだし、ネット見てもこういう口コミないし…
メーカーに問い合わせているところです。何かわかったらまた追記します。

メーカーWebサイトに書いてある、タイヤ用シリコンオイルでも使ってみるかな。
「見た目を保つため」のメンテなので期待薄ですが…

<追記>
3年弱使い込んだ結果、カバン下部の角に小さな穴が開いたため、引退してもらいました。外側で穴が開いただけで、カバン内側の布部分は問題なかったので、カバンに入れたものが落ちる心配は全くなかったですが、まあ寿命かな、と思いまして。今までの経験から言えば、価格の割に長く持ったほうだと思います。耐久性が低いということはない。残念ながら、全く同じものは売ってないみたいですね。いまは下に載せたモデルみたいです。タイヤ素材は底面だけ使われているので、上記したような「シャツへの色移り」は心配ないかもしれませんね。デザインは維持されているので嬉しいです。

----