永遠に生きるかのように学べ

ほぼ読書、ちょっと音楽、このごろキャンプ。

アイロン台が人型になると使いやすいの?買って使ってみた。

 

人体型のアイロン台ってどうなの?アイロン台ってどういう形が良いのかな?

この人体型を買って半年ほど使ってみたのでレビュー。

一言で言うと、人型だからってたいしたことないです。

前提条件

こういうのって人それぞれってところあると思うので、
まず私の前提を。

アイロンをかけるスキルが特別あるわけではない、素人。
どちらかと言えば不器用。
週に一度、数枚のシャツをかけることをもう十年以上やってる。
かといって、さほど上達してるわけではない。
まあ、シャツだったら、なんとか着るのが恥ずかしくないくらいにはアイロンがけできる、そんな程度のアイロン歴です。

人型だと良いのか

アイロン台をいろいろ検索してみたら、人型のやつが当てやすそうだったので
冒頭のやつにしてみたのですが…

当然ですが、自分のシャツにピッタリくるわけじゃないです。
着せるようにして背中をかけても、アイロン台の幅がそんなに広くないので
脇の縫い目のところまで一度にはかけられない。
結局、背中をかけるのに、真ん中、右脇、左脇と2回シャツをずらす必要がある。
何度もずらす必要があるってことは、普通の形のアイロン台でも同じ。
つまり人型であるメリットはほとんどない。

じゃあ肩はどうなのか。
もっとも人型であるメリットが出そうな部位ですが…
これまた、肩の奥までピッタリ着せかけられるわけじゃないので、何度もずらす必要がある。
むしろ人型であることで、肩の奥をかけやすい状態にしにくい。

以前は、雲型定規みたいな、様々な緩さのカーブが組み合わせられたアイロン台を使ってたんですね。
そういうのだと、ピッタリくるカーブを自分で見つけて綺麗に伸ばせるんです。
人型は、それができない。

というわけで、今お使いのアイロン台が、幅が小さく単純な形をしたものならば、それよりは良いかも知れませんが、様々なカーブが組み合わされたものをお使いなら、人型へ乗り換えるのは必ずしも良いとは言えません。

その他良いところはないのか

前の雲型より良いところは、脚がしっかりしてるところです。
もちろんもっと高価なものは、しっかりしてるでしょうが、この価格にしては、脚はしっかりしてるほうだと思います。

まあそんなところで。どなたかの参考になれば。
トルソー型も気になってるのですが、
上記のような問題は解決できないんじゃないかな、と思ってます。

あとは、もっと調べて、うまく人型カーブを使いこなせるように努力するしかないですね。
あ、でも、それじゃ他のアイロン台と同じだな…
結局、アイロン台の形を変えたくらいでアイロンが上手くなったりはしないか。

じゃどんなアイロン台を買えばいいのか

ふと思いついたので、追記です。(2014/4)
どんなシャツにも合う肩幅って、どれだけあれば良いんだろう?

ここでふと思い出したのが、ハンガー。
そう。どんな洋服でもたいがいちゃんと掛けられますね。

そこで人型アイロン台と幅を比べて見みた写真がこちら。

…肩幅、全然足りてねーじゃん。
肩が綺麗にならないわけだ。

もちろん、幅広すぎるアイロン台ってのも収納に困るとは思いますが、人型アイロン台ならではのメリットを追うなら、
自宅のハンガーの幅と同等のものをオススメします。

逆に言えば、それより幅のないものは、人型であるメリットはない。
ご参考まで。

※追記
あとで知ったこれ↓、調べてみたら、上で紹介したものより幅が10センチ以上大きいですね。
これくらいあれば、役に立ちそうです。高いけど、次買うときはこれにしたいなあ。