永遠に生きるかのように学べ

読書、読書、キャンプ。内向的なアウトドア。

3年350回でやっと喋れるようになった。レアジョブ英会話今後のプラン。

 

f:id:seazee_htn:20180301105048j:plain

久しぶりに英会話の話。

最近ね、とうとう、口から勝手に英語が出てくるようになってきたんですよ。2018年の年初から始めて、3年ちょっと。レッスン回数にして350回超えたあたりから、なんか考えなくても喋ってる感じになってきました。いやー、慣れってすごいですね。
というわけで、ここまでの道のりを参考までに記録しておきます。

どの程度上達し、今後どうするか

最近はずっと、Conversation questionsという教材を使っています。その日のトピックに合わせて講師から10個質問されて、順に答えていくというやつです。この時に、単に答えるだけじゃなく、無意識に余分なことをあれこれ付け加えるようになったんですよ。

例えば「旅行行ったら、お土産を買いますか?」という質問。
今までだったら「買います。家族と、職場の人むけに。」って言うぐらいだった。
でも最近はそのあとに、「あー、お土産と言えば、ネパール行ったときは困ってねぇ。帰りの飛行機が日曜出発だったのね。んで空港行ったら、お土産屋全部閉まってんのよ。日曜だから。いや参ったわ~」みたいなことを自分から喋るようになったわけです。なかなかの進歩。私のやってるレアジョブ英会話 は、スピーキングテストを月1回、無料で受けられるのですが、ここでCEFR B1 Highというレベルまで来ました。「(日常の)たいていの事態に対処することができる」というレベルだそうです。言われてみればそんな気もする。

ただ、次の課題は「正しい英語を喋ること」です。たぶん今、かなりデタラメに喋ってる。講師は聞くのも仕事だから、理解してくれてはいるけれど、時制とか三単現とか、冠詞とかしょっちゅう間違う。

というわけで今まで、毎日25分プランでしたが、毎月8回プランへ変更しました。いままではやりっぱなし、とにかく慣れによってレベルアップを図る、という方法でしたが、これからはもっと教材で自主練習して正しい表現を身に着け、講師とのレッスンで実践に反映、という形でブラッシュアップしようと思います。
レッスン回数が減るので月額料金も抑えられる。でも教材は使い放題なんだから、いいよね。

 

あとは、これから頑張る方のために振り返りメモをしておきます。

ここまでにいくらかかったか

約3年、毎月約6千円。ってことは、年間約7万2千円。3年で21万円ちょっと。英会話始める時に想像した「ペラペラになるなら50万円は払っても良いかな」ってとこまでは、まだまだ余裕があります。そうか~、これなら50万つぎ込まないうちにペラペラになれそうだな。プランを変えたから、これからは月5千円もいかないし。
ゆるゆるでやってきてこれですから、「平日は毎日がっつりやるぞ!」っていう人なら、20万円使う頃には私よりずっと上のレベルに行けるんじゃないですかね。

どういう道筋でここまで来たか

私のパターンが良いとは限らないけど、ここまでどのような教材を使ってきたか、記録しておきます。参考まで。
以下、時系列で・・・

1:日常英会話 初中級→中級 
  とにかく慣れたくて。中級の途中まで実施。

2:文法 へ切り替え
  正しくしゃべりたくなったので。

3:発音 へ切り替え
  続けるのが少ししんどくなってきたので、予習の要らない簡単な教材で。
  しかし結果的に「r」の発音を会得した。

4:日常英会話 中級へ戻る
  1でやった途中から再開。

5:カンバセーションクエスチョン へ切り替え
  講師に「日常英会話よりこっちのほうが良いよ」と勧められて切り替え。
  予習が要らないけど結構トレーニングになる。以来ずっとこれ。

こんな感じでやってきました。やり通すこともいいけれど、しんどくなっては良くないので、いろんな教材をつまみ食いしながらでも辞めないことが大事かな、と思います。

ご参考まで。

Microphone Stock photos by Vecteezy