永遠に生きるかのように学べ

ほぼ読書、ちょっと音楽、このごろキャンプ。

喜ばれるプレゼントの選び方第2弾。そんなにすんの!?を選ぶ。

 

 f:id:seazee_htn:20190311202837j:plain

以前、こんな記事を書きましたが、いまだにちょいちょいアクセスをいただきます。

www.learn-4ever.net

というわけで、今日はひさしぶりにその第2弾。

 

想像してみてください。

あなたは、友人の気軽なホームパーティーに招待されました。参加者でプレゼント交換をしなければなりません。プレゼントの値段は1000円が目安。

たしかにそれくらいなら、気軽なプレゼントとして良いよね。でも・・・。

 

何を持っていきます?かなりむずかしいですよね~。1000円て。

たいしたもの買えないけど、あんまりしょぼいものでは邪魔になるだけだしなぁ。しかたない、無難に食べ物にでもしておくか。

ほとんどの人が、そんな感じになってしまうのでは?

 

そんなときの必殺技。ずばり、200円くらいのものを選ぶ。

 

アホか!って言われそうですね。1000円目安なのに200円って、ドケチなの?
違います。普通200円くらいなのに、これ1000円もするの?!ってのを選ぶということです。たとえばね、歯ブラシ。これなんかどうですか。一本1000円です。

他には・・・

1個1000円のチョコレート。
ふたつで1000円の梅干し。
ひとつぶ100円(10粒1000円)のキャラメル。

 

どうですか。試してみたくなりませんか。いかにも1000円程度のものを贈るより、よほど良い体験になります。あなたのプレゼントが当たった人は、多分、うらやましがられるし、のちのち話のネタにもなる。

 

プレゼントに迷ったら、こんな考え方、お勧めです。
ひとつぶ100円のキャラメル作ってる人は引退してしまったので、もう買えないんですけどね・・・。
<追記>
おかしいですね、いま検索してみたら、めったに売り出さないけどまだ買えるみたいです。クノタカオキャラメルってやつ。数年前にフードセレクトショップで「引退なさるのでこれが最後です」って聞いたんだけどな。カムバックしたのかな。

 

photo credit: R~P~M Bond Street via photopin (license)