永遠に生きるかのように学べ

ほぼ読書、ちょっと音楽、このごろキャンプ。

安い、軽い、でもしっかり。梅雨時期に、折り畳み傘のベストバイ。

 

f:id:seazee_htn:20190615101937j:plain

梅雨の季節になりました。

最近、出先で雨に降られることが増えています。いや、会社と家の往復なら、そんなことはないですよ。大体、天気予報で降りそうなときは傘を持っていきますから。

でもね。出張とかで遠距離移動するときは、着いてみたら雨、というケースにちょいちょい出くわしてしまう。そのたびに、コンビニでビニール傘買っていたんですが、ビニール傘も溜まりすぎて困ってしまいます。毎回500円払うのも、なんか成長してないなあ、と思っちゃうし。

というわけで、これ、買いました。

超軽量(183g) 折りたたみ傘 Toplus 折り畳み日傘 UVカット率 99パーセント遮熱 晴雨兼用 ネービー

超軽量(183g) 折りたたみ傘 Toplus 晴雨兼用 ネービー(Amazon)

 

とても軽くて、常にカバンに入れておけます。その分、大きくはないけれど、急な雨をしのぐにはこれで十分です。カバンに傘を入れておけると、何が良いかと言うとですね・・・

  1. 微妙な天気の時に、迷う時間がかからない。いざとなったらこの傘があるからいいや、と、すぐ行動できる。
  2. 傘を忘れて家や会社を出てきてしまっても、戻らなくていい。
  3. ビニール傘が家に溜まらない。これは結構でかい。5本も6本もあると、傘立ていっぱいになっちゃいますから。
  4. もちろん、節約になる。ビニール傘約2本分の価格で、ずっと使えます。もともと、雨が降りそうなときは長い傘を持っていくので、この折り畳みを使う頻度は高くないんですよ。
  5. ワンタッチの折り畳み傘よりは、たたむの面倒だけど、そもそも開くことが少ない。急な雨の時だけなので。

というわけです。迷う時間がなくなる、忘れて引き返す時間がなくなるのは、思った以上に良いです。

 

とはいえ、コンパクト軽量な折りたたみ傘は、強度が心配ですよね。いろいろ調べたけれど、上記のTOPLUSのものがおすすめです。他のメーカーのは、安いけどすぐ壊れるようなので。
梅雨の1シーズンだけで、元が取れるんじゃないかな。