永遠に生きるかのように学べ

読書、読書、キャンプ。内向的なアウトドア。

自転車通勤にスッキリしたビジネスリュック。ACEのヴィターラWRがおすすめ。

 

f:id:seazee_htn:20210823184836j:plain

どうも、学習欲が取り柄の読書屋、せいじ(@twi_sei_ji)です。

自転車通勤、始めました。

結果として、今までの手提げかばんでは、ちょっと不便になった。やっぱりリュックが欲しい。今回、いろいろと探してみたら良いやつを見つけましたので、紹介します。

リュックを選んだ条件

リュックを選ぶ条件として、こんなことを重視しました。

  • コンパクト
    手帳とkindle、あと小物が入ればいい。たまに13インチPCを入れたい。
  • 見た目がシンプル
    ビジネスで違和感のない、きちっとシンプルな見た目。
  • 横持ちができる
    普段、お客様のところへは滅多に行かないが、万が一行くときのために、手提げとしても持てるようなものがいい。万が一、でいい。
  • あまり高価格でない
    いつ異動になるか分からない。自転車通勤が終わったら手提げに戻すので、長く使うつもりはない。

そんな条件でいろいろと探していて、ACEのヴィターラWRに決めました。

実際に届いてみてチェック

実際届いてみて、買う前は分からなかったところ、感心したところなどはこんな感じです。

横持ちの持ち手

もっとも気になっていた、横持ち用の持ち手はこんな感じ。

f:id:seazee_htn:20210815101059j:plain

しょぼいと言えばしょぼいですが、私にとっては理想的です。しっかりした持ち手って、リュック遣いの時には邪魔にしかならない。電車の中で他の人に引っかかったりするでしょ?これならすごく引っかかりにくい。しかも、いざという時には横持ちできる。横持ち用の取っ手はあくまで保険なのだから、普段邪魔にならないことが最優先。
ACEさん、さすがよくわかってます。

見た目

PVCの防水加工というのが、安っぽく見えるのかどうか、気になっていましたが、思ったよりずっといいです。

f:id:seazee_htn:20210815101025j:plain

ある程度光沢はあるものの、下品な光沢にはなっていません。機能的な印象。
中央のジッパーが止水ジッパーになっているのもポイント高し。ジッパーのつまみ部分まで、ピカピカしないようにくすんだ感じに仕上げてあります。仕事が細かい。

f:id:seazee_htn:20210815101035j:plain

スマホポケット

これが驚きました。電車などでおなか側に回して背負った時、あごの下に来るポケット。位置的に、ここにスマホを入れることになるでしょうが、こんな風に、ジッパーがポケットの少し内側にあるのです。あきらかに意図的なデザイン。なぜこんな作りになっているのでしょう?

f:id:seazee_htn:20210815101232j:plain
実際おなか側で持ってみると分かります。中のものを取り落としても受けてくれる安心感があるのです。あごの下で使いやすいように設計されているんですね。

開き具合

なるべく大きく開くと良いな、と思っていましたが、期待通りです。ジッパーは両サイド下まで開き、中にある蛇腹状の布でストップがかかる形。

f:id:seazee_htn:20210815101401j:plain

リュックベルトの収納

背負うベルトがどのように収納できるのか。万が一、横もちで使うシーンではどうなるか。こんな風に収納できます。

f:id:seazee_htn:20210815102032j:plain
写真では、伸ばしたままなのでハミ出ちゃっていますが、少しベルトを折りたためばカバンの裏側に隠れます。横もちは万が一のためなので、この機能も最低限で良い。こういう割り切りが素晴らしいです。

リュックベルトの固定

リュックのベルト末端はこんな風にしっかり縫い込まれています。つまり、外せません。これもまた、横持ちをほぼしない前提なので、安心感があって良い。

f:id:seazee_htn:20210815101745j:plain

f:id:seazee_htn:20210815101919j:plain

大きさ

数値では、幅28cm×高さ39cm×マチ10cmとのことですが、あんまりピンとこない。というわけで、今使っている、TUMIのブリーフケースと比べてみたら、ほぼ同サイズでした。並べるとこんな感じで、

f:id:seazee_htn:20210815102827j:plain
上に重ねてみたら、ほぼ同じサイズ。ちょうど隠れるぐらい。

f:id:seazee_htn:20210815102844j:plain
ポケットまで含めた厚みも、ほぼ同じ。

f:id:seazee_htn:20210815102922j:plain

雨に濡れるとどうなるか

(追記)先日、帰宅時に雨に降られたので、小さい折り畳み傘で帰ってきました。リュックはこんな感じになりました。ハンカチでささっと拭けば元通り。もちろん、中のものは全く問題なしです。

f:id:seazee_htn:20210902194136j:plain



そんなところです。あと気になるのは、防水加工の劣化ですが、それはまた、数か月後に写真をアップしてみます。おおむね、おすすめと言えるビジネスリュックです。