永遠に生きるかのように学べ

読書、読書、キャンプ。

テレビをポップインアラジンに置き換えるなら、アラジンコネクタ―という手もあります。

 

どうも、なんだかんだ言って、ポップインアラジンどっぷりの生活を送っています、せいじ(@twi_sei_ji)です。

 

ポップインアラジン2をリビングに設置し、主な用途はYouTube、Amazonプライム。週に1回ぐらいテレビを見るという使い方。ここにアラジンコネクタ―を買ったので、ニンテンドースイッチも接続。

ということで、とうとうリビングからテレビを撤去しました。
リビングからテレビを撤去して、初めて気づいたことをここに記録しておきます。

レコーダーがチューナー代わりになる

テレビには、多くの家庭と同じく、DVDプレーヤー兼ハードディスクレコーダーをつないでいました。テレビを撤去したので、DVDやHDDに録画したものを見る時は、このレコーダーをアラジンコネクタ―へつなぐわけです。

そこで初めて気づきました。レコーダーって、テレビチューナーもついている。ってことは、popIn aladdin推奨のテレビチューナー(XitAir)買わなくても、レコーダーとアラジンコネクタ―でテレビは見られるのだ。XitAirとはこれのことです。

接続図

でそのXitAirを使わず、アラジンコネクタ―でテレビを見るには、具体的にはこんな風になります。レコーダーって、録画再生ボタンを押す前は、今流れているテレビ番組が映るでしょ。それをそのまま、アラジンコネクタ―でポップインアラジンに流せばいいじゃない。ということです。

チャンネル切り替えもビデオのリモコンでできますから、ポップインアラジンのリモコンでやるより簡単です。(ポップインアラジンのリモコンには、当然ながらチャンネル番号のボタンがない)

デメリットもある

もちろん、デメリットもなくはないです。こんなところでしょうか。

裏番組は見られない

レコーダーで録画しながら、他の番組を見るということができない。(チューナーを2つ搭載しているレコーダーならできると思います)
うちはそんなにチャンネル争いとかならないので、問題ないですが。

切り替えが面倒

XitAirを使った標準的な方法でテレビを見る場合は、ポップインアラジンのスイッチを入れるだけです。
しかし、今回紹介している、「アラジンコネクタ―経由でレコーダーのTV映像を見る」やり方だと、
1.ポップインアラジン、レコーダー両方のスイッチを入れる
2.アラジンコネクタ―にレコーダーをつなぐ
3.アラジンコネクタ―の(映像配信)ボタンをポンと押す
という手間が発生します。レコーダーにアラジンコネクタ―をつなぎっぱなしにするなら、2の手間は要らないですけどね。我が家はゲーム機やパソコンに差し替えたりするので、都度差し替えとなります。

お風呂テレビができない

実はこれが、XitAirを使う場合と比べて最も大きいデメリット。XitAirを使うと、iPadなどでもテレビを見られるのです。しかし、アラジンコネクタ―からは、アラジンにしかテレビ映像を飛ばせない。したがって、お風呂・キッチン・洗面所などあちこちで、タブレットでテレビを見たい、という人には、今回紹介した方法よりもXitAirを使った方法をお勧めします。

まあ結局、我が家ではチューナーと両方買ってからこの方法に気づいたわけですが、XitAirより先にアラジンコネクタ―買ったらよかったな、と思いました。もちろん、モノの配置(コネクタ―・WiFiルータ・アラジンの通信状況)を考慮の上ですけどね。
リビングからテレビがなくなると言うのは、とても部屋が広くなって良いですよ。