永遠に生きるかのように学べ

読書、読書、キャンプ。

寝心地良くてコンパクトな、タラスブルバのローコット。組立・分解のコツを添えて。

 


ずっと気になっていたローコットを手に入れました。
TARAS BOULBAのウルトラ イージー メッシュ コットです。修飾語が多すぎてよくわからないですが、まぁ座面がメッシュになってるローコットです。
主に、今愛用しているFieldoorのアルミコットとの比較になりますが、ご紹介します。

 

大きさ、重さ、寝心地

大きさは、182cm×72cm。地面からの高さは16cm。重さは2.8kg。
フレームはアルミ合金で軽く、幅が十分あるので、ゆったりと寝られます。

簡単に比較表を貼っておきますね。ローコットならローコットどうしで比べろよ!と言われそうですが、私、他のローコット持ってないのですみません。持っているもの、使ったことあるものとで比較します。

メーカー TARAS BOULBA Fieldoor Coleman
商品名 ウルトライージー
メッシュコット
アウトドアコット トレイルヘッド
コット
フレーム材質 アルミ合金 アルミ合金 スチール
利用時サイズ 182cm×72cm×16cm 190cm×69cm×40cm 190cm×87cm×40cm
重さ 3.1kg 5.1kg 約9kg
耐荷重 80kg 180kg 80kg
収納サイズ 47cm×13cm×15cm 92cm×17cm×8cm 93cm×18cm×14cm
市場価格 約12800円 約6000円 約8000円

タラスブルバのローコットは、Fieldoorのハイコットよりは幅があり、Colemanのトレイルヘッドコットよりは狭い。長さは、一般的なハイコットは190cmありますが、それより短いですね。でも大人が普通に寝られるサイズ。

しかし収納したらとてもコンパクトになります。今まで使っていたハイコットの1/3ぐらい。これが魅力的です。

寝心地も、とても良い。ぴしっと張られた生地に対し、幅広なのでちょうどバランスの取れた沈み具合、というところです。

メッシュ生地の良い点

座面の生地。強度の面で考えたら、メッシュより布生地のほうが良いですね。
しかし、いま使っている普通の生地のコット、冬でも朝起きると、胸付近と足付近の布生地が湿っているのです。意外に蒸れるのですね。これがメッシュなら、蒸れ知らずになるわけで、コットを乾かす時間も不要になります。
一方で、冬はメッシュである分、寒い。ただそこは、布を一枚敷けば普通のコットと同じ。ということで、冬キャンプにも持っていこうと考えています。
強度の布生地を取るか、蒸れ知らずのメッシュを取るか。どちらも捨てがたい。
あっ、でも、定価は同じなのにメッシュのほうは3000円ほど安く売ってることが多いです。やっぱりみなさん、用途が限定されるように感じるのかな。

組み立てるコツ

さてここからが大事なところ。ローコットって、足の組み立て、分解にすごくチカラが要るとはよく聞きます。しかし少なくとも、このタラスブルバのウルトライージーコットシリーズは、2回目から楽に組み立てられます。初回はさすがに、誰でも苦戦するけど、2回目からは楽にできるよう、ちょっとしたコツを書いておきます。
コツはこの、足をはめる場面です。

  1. 左右のポールを通した座面に対し、片方のポールを持って、もう片方を地面に寝かせま。下の写真のような感じで。ただ注意。下の写真とは、逆側に立つ方がいいです。コットを挟んで、足とは逆側に立つのがお勧め。

  2. 足の片方を地面側のポールにはめて、レバーがある方の足を上側のポールに掛けます。
  3. ここがポイント。
    上側のポールを、ただ持つのではなく、ポールの下(地面側)に指を食い込ませる感じで持つのです。座面両脇のトンネルに通してあるポールを、トンネルの中でさらに上に寄せるイメージです。

  4. そうしながら足をポールに少しひっ掛け、レバーを下げればOK。浅く掛かっていただけの足が、レバーを下げることで自動的に深く掛かります。

これは確かに簡単だ。

分解するコツ

組み立てにくさとともに、足の分解にも力が要るのがローコット。しかしこの点も心配ない。ウルトライージーコットなら、あっさりいけます。

足を外すときのポイントは「思ってるのとは逆へ、いったん押し込む」です。足のレバー、外側へ引くと思いがちですが、違うんです。

  1. 組み立てる時と同じように、いったんレバーを押し込む。この写真の黒い矢印と同じ動きです。
    箱の写真には、押し込む方向へ矢印書いてあるのに、写真下の文章では「引き上げる」と書いてあるので勘違いしやすいですが、「押し込む」ほうが正解です。

  2. すると、レバー両脇のストッパーボタンが楽に押し込める(上の写真の白矢印のとおり)
  3. そこでレバーを押し込んだ手をゆるめると、自動的に外れてくるというわけです。気づくまでは悪戦苦闘でしたが、このコツに気づいたら、あまりに簡単にできるので驚きました。

収納バッグにも余裕あり

これが付属の収納バッグに入れたところですが、ご覧のように、ちょっと余裕があります。このためにバッグへ入れるのも比較的、楽です。

コツが分かれば確かにウルトライージー。タラスブルバのウルトライージーコット、おすすめです。メッシュじゃなくて布生地でしたら、こちらですね。