永遠に生きるかのように学べ

ほぼ読書、ちょっと音楽、このごろキャンプ。

最高の家族サービス。包丁を研ぐのは意外に簡単で、不器用でもできる。

 

今年も終わりが近づいてきましたね。昨日、妻に頼まれて包丁を研いでいたのですが、これ、実は今年買ったものの中でベストだったなあ、と思いつきました。

 

素人でも大丈夫なの?

包丁研ぎと言えば「素人が下手にやると、かえって切れなくなる」なんて噂がありますよね。僕は包丁研ぎなんて習ったことないのはもちろん、かなり不器用な人間なので、やらない方が良いだろうと思い込んでいました。

でもいざやってみたら、めちゃめちゃ簡単!器用とか不器用とか関係ないくらいで、初めてやった時から包丁の切れ味は抜群に良くなるのです。

しかもね、これ大事なところですが、めちゃ簡単なのに、家族から感謝と尊敬のまなざしが半端ないです。こりゃコスパ最高です。おまけに研いでる時って、なんか座禅を組んでいるような感覚があります。雑念がスーッと消えていく感じ。とても気持ちよいのです。

動画を見れば楽勝

やり方は・・・まずは砥石を20分くらい水につけ、あとはこの動画を参考にしながら研げば、失敗もしにくい。保証はできませんが、不器用な私が初めてやって成功するくらいだから、かなり簡単なのだと思います。


【貝印】【砥石を使った包丁の研ぎ方(洋包丁・両刃編)】

 

料理がこんなに楽になるとは

実際、研いだ包丁を自分で使ってみると驚きます。たいして高級な包丁でもないのに、トマトでもキャベツでも、包丁がスーッと入っていく。大根やにんじんの皮むきもすごく楽です。包丁の切れ味が良くなるだけで、こんなに料理が楽になるんだと驚きました。

たしかに切れない包丁だと、力を入れるし、力を入れるから手を切らないように気をつける。この「気を付ける」のがとても疲れるんですよね。包丁を研ぐと、この気疲れがなくなって、料理のストレスが激減するのです。

 

全国の不器用な仲間たち。とにかくぜひやってみましょう。簡単に特技がひとつ増えます。こりゃお勧め。